名古屋で大腸内視鏡検査を行う病院比較

名古屋周辺エリアで、大腸内視鏡検査の腕が良いと評判の医療施設5院を選び出し、Best5にまとめました。比較のポイントは「医師一人当たりの検査実績数」「日帰り手術の可否」「受診者の口コミ評判」の3項目です。

これから名古屋周辺で大腸内視鏡検査の受診を考えている方にとって、病院やクリニック選びの参考となれば、幸いです。

医療機関 医師1人
あたりの
検査実績
日帰り手術 受診者の口コミ評判
1位
西山団地
内科胃腸科

【特長】
●院長は内視鏡歴25年以上という大ベテラン。
●リピート率は7割以上
●検査時間:約20~35分
●食事制限:午前7時からの検査の場合は、前日20時以降からの絶食でOK。
●下剤:来院時に1L(通常の半分・1回のみ)の服用のみでOK。
【住所】
愛知県名古屋市名東区西里町1-36

1,800件
以上

※院長が実施

検査時間含め、40~50分程度で、ポリープ切除が完了。
※転移がんでない限り、入院不要。

・西山団地内科胃腸科で苦痛なく検査が終わったのには、本当に驚きました。別の病院で検査を受けた時は、死ぬほど苦しかったのに…。はじめからここで検査を受けていればよかったです。
食事制限や下剤の量が少なかったので、楽に検査を受けられました。次も、西山団地内科胃腸科で受けようと思います。
・人気の病院ということで予約し、検査を受けることに。評判通り、痛みや苦しさは一切なく、楽な状態のまま検査が終わりました
・院内はとってもきれいですし、先生や看護師さんは、親切に対応してくださいました。検査も素早く終わったので、安心できました。
2位
家田医院
【特長】
●検査時間:1日
●食事制限:前日の朝食から検査食(白がゆなど)を食す。当日朝は絶食。
●下剤:前々日・前日の夕食後19時に、下剤を服用。来院時に服用する腸内洗浄剤の量は、1.5~2L。
【住所】
愛知県豊田市畝部西町城ヶ掘11-1

約917件
担当医6名

1日がかりにはなるが、日帰り手術OK。
※ポリープの個数・大きさにより、検査後の安静入院が必要。

・個室でゆっくり準備できるところが、気に入りました。大きな施設だけに、安心感があります。
・先生は優しくて、いろいろとアドバイスをしてもらえました。検査もスムーズで、楽に済みました。
・院内の設備が素晴らしいと思います。技術力が高かったからか、ポリープ切除後は、何の心配も無く過ごせています。
3位
野垣クリニック
【特長】
●信頼度の高いオリンパス社製の機器を使用
●検査時間:20分~
●食事制限:HPに掲載ナシ
●下剤:来院時に服用する腸内洗浄剤の量は、1.8L。
【住所】
名古屋市中区栄1-10-16

566件
以上
担当医3名

検査中に切除してもらえる。
※カメラが挿入できない場合は、注腸検査(肛門からバリウムを注入する検査法)に変更可。

・おなかに空気が入るので、検査後は腸の張りが残りますが、辛さはありませんでした。
・苦痛なく検査を受けられました。ガンなどの病気の不安を払拭することができて良かったです。
・早期の大腸ガンを発見し、治癒することができました。先生や看護師さんは優しくて、ガン告知のときも、私が落ち込まないようあたたかい言葉をかけてくれました。
4位
中野胃腸病院
【特長】
●大規模内視鏡センターを保有。
●検査時間:2時間30分~
●食事制限:前日の昼食から、専用の検査食を食す。
●下剤:前日21時に下剤を服用。来院時に腸内洗浄剤を1~2L服用。
【住所】
愛知県豊田市駒新町金山1-12

約625件
担当医8名

入院が必要。
(1~3泊)

・大きくきれいで、清潔感のある病院でした。初めは不安もありましたが、しっかり検査をして頂けました。
・初めての大腸内視鏡でしたが、痛みや苦痛がなく、検査を楽に受けることができました。
・検査前からとても詳細な説明をしてもらえて、安心できました。鎮痛剤の注射を打ってもらえるので、検査は苦痛を感じることはありませんでした。
5位
横山胃腸科病院
【特長】
●がんだけでなく、潰瘍性大腸炎やクローン病についても、専門性が高い。
●検査時間:HPに掲載ナシ
●食事制限:前日から専用の検査食を食す。
下剤:前日に1L、当日朝にもう1Lの下剤を服用。
【住所】
名古屋市中区千代田3-11-20

約371件
前後
担当医7名以上

入院が必要。
(1泊)

・歴史のある病院なので、横山胃腸科病院に決めました。丁寧な検査で満足でした。
・鎮痛剤無しで大丈夫かな?と心配もありましたが、わずかに異物感を感じる程度で、取り越し苦労でした。
・専門病院らしく、丁寧に説明してくれます。解説を聞きながらポリープを切除してもらえるので、とても落ち着いて手術が受けられました。

※補足:「検査時間」は、検査時間+鎮静剤(or安定剤)が切れるまでの時間を足したものを掲載しています。

第1位は「西山団地内科胃腸科」

西山団地内科胃腸科 HP名古屋周辺エリアで、大腸内視鏡検査の技術が高いと評判の医療施設の中でも、特にお勧めしたいのが、「西山団地内科胃腸科」です。

管理人の私は、検診で引っかかり、医師に大腸内視鏡の検査を勧められました。上司には「痛いぞ!」と脅され、「検査で痛い思いなどしたくない」と思い、きっちり下調べをしたわけです。以下で、私が西山団地内科胃腸科を選んだ理由をお教えします。

※実際の検査の様子に関しては、別ページで体験談を掲載しています。

豊富な実績を持つベテラン医師による検査

医師1人あたりの検査実績を比較した場合、西山団地内科胃腸科は国内でもトップクラスの実績数となっています。

西山団地内科胃腸科 検査状況大腸内視鏡検査というと、「大学病院や大規模な病院の方が、最先端で最も技術力が高い」とイメージしてしまいますが、実際には病院の規模や医師数よりも、担当する医師1人がどれだけ経験に長けているかどうかが、検査の質に大きく影響するのです。

大腸は、1メートル以上の長さがあり、壁が薄い内臓であるため、検査医の技術が低いと、カメラが壁に傷を付けてしまったり、最悪の場合は、穴をあけてしまう危険性があります。

このように、医師の技術力が大きな差となって、そのまま患者への痛みや負担となって現れる大腸内視鏡検査においては、「検査実績数が1番の目安である」と言っても過言ではありません。

西山団地内科胃腸科の院長「大脇研一先生」の実績は、年間約1,800件以上、胃内視鏡検査まで含めると3,300件以上!この数字は、実に驚異的な数字なのです。

単純計算で、休診日を除けば、毎日6件以上の大腸内視鏡検査を1人で実施していることとなりますから、いかに凄い数字であるかが解ります。

スピーディーで負担の少ない検査が受けられる

西山団地内科胃腸科 検査風景豊富な検査数を誇る要因としては、10分以内に盲腸まで内視鏡を到達させられるという、素早い技術力が挙げられます。

検査全体でも通常は20分ほどで済み、ポリープ切除まで行なっても合計40~50分という短時間で終了します。しかも、よほどの大きさ・数・進行癌でない限り切除可能で、入院することなく、そのまま帰宅することができるのです。

また、西山団地内科胃腸科では、安定剤の点滴を使用しています。一般的に大腸内視鏡検査で使用される麻酔や鎮静剤では、検査後およそ2~3時間は安静にしなければなりませんが、安定剤なら15~20分程度で切れるので、時間の短縮にも繋がりますよ。

食事制限・下剤の量が少なく、苦痛のない検査

西山団地内科胃腸科の大腸内視鏡検査は、食事制限や下剤の負担が軽いのが大きな魅力。下記のように、自分のライフスタイルに合わせて、検査時間を選ぶことができます。

  • 午前7時の検査:前日夜20時から絶食。他の医療施設に比べて朝早くに受診ができ、睡眠時間をいれると、ほとんど食事制限の影響を受けずに、大腸内視鏡検査を受けることが可能です。
  • 午後12時の検査:当日朝7時からの絶食。「空腹では眠れない…」「睡眠をしっかり取りたい」という人にオススメの時間帯です。

腸内洗浄剤は通常1.5~2L(大きなペットボトル約1本分)の服用が求められるところ、西山団地内科胃腸科では1リットルで済む下剤を使用。つまり、通常の半分で済むわけですから、当然身体への負担が大幅に軽減されているといえます。

体験者の評判が良く、高いリピート率

西山団地内科胃腸科で大腸内視鏡検査を受けた方からは、「予想より楽で、早く終えられた」という声が多く、非常に満足度の高い検査を受けていることが解ります。「痛かった」「大変だった」という声は、ほとんど聞こえてきません。

西山団地内科胃腸科 玄関さらに、この医院に通う約7割の方がリピート患者なのだとか。経過観察や定期検査などで「前回が楽だったから、またぜひ西山団地内科胃腸科で…」という声も多く、医師への高い信頼が伺えます。

もちろん、過去にカメラで大腸に穴をあけてしまう腸穿孔などのトラブルは一切無し。検査実績数だけでなく、確実で安定した技術も併せ持っているからこそ、多くの方から選ばれているのだといえるでしょう。

ライン

大腸内視鏡検査を受けるなら、不要な苦痛や負担を避けるためにも、確かな技術とリピーターからの信頼が厚い、西山団地内科胃腸科での受診がオススメです。

院長の大脇先生は、「大腸内視鏡検査の名医」ともいえる人気の先生なので、できるだけ早めに予約するのがベターです。

名古屋の西山団地内科胃腸科で受けられる大腸内視鏡検査について詳しく