名古屋市周辺で大腸内視鏡検査の名医に出会うために

名古屋周辺で評判の大腸内視鏡検査・徹底比較

名古屋市周辺で大腸内視鏡検査の名医に出会うために

名古屋周辺で評判の大腸内視鏡検査ランキング » 大腸内視鏡検査が受けられる名古屋周辺の医療施設 » あおやま胃腸内科外科

あおやま胃腸内科外科

あおやま胃腸内科外科公式HP
画像引用元:あおやま胃腸内科外科公式HP
http://www.aoyama-c.jp/

大腸内視鏡検査が受けられる「あおやま胃腸内科外科」は、名古屋市緑区鳴海町にある胃腸内科中心の診療所です。

内科・胃腸内科・外科・肛門外科・乳腺外科・リハビリテーション科があります。

風邪などの内科診療もおこなっていますが、院長は胃腸疾患や肛門疾患の専門医であり、食道や胃など上部消化管向けの内視鏡検査と、大腸内視鏡検査をおこなっています。


名古屋で大腸内視鏡検査を受けるなら?

腕のいい医師がいる病院まとめ

あおやま胃腸内科外科の概要

公開されている年間内視鏡件数は1500件となっています。

施術をおこなう院長は日本消化器内視鏡学会専門医・指導医で、消化器内視鏡技師の資格を持つ看護師がサポートを担当しているので安心して検査が受けられます。大腸内視鏡検査は痛みの少ない挿入法を用いて行われ、患者さんに好評です。

また、女性医師による乳腺・胃腸・肛門疾患の診療を受けることが可能で、毎週火曜日の午前と木曜日の午後は、希望により女性医師が選べます。

ただし予約制度はなく、大腸内視鏡検査は男性医師のみの担当となっています。

ホームページはオーソドックスな作りとなっており、情報量は多くありませんが、見やすくわかりやすい構成です。

大腸内視鏡検査を受けるにあたって、診察前や検査前の準備から、検査当時の流れについても解説されています。

また、平成21年からの内視鏡検査実績が表でまとめられ、平成28年5月から平成29年4月の実績数は717件です。その他、検査方法やポリープ切除、機器についても詳しい解説が閲覧できます。

あおやま胃腸内科外科の口コミ

あおやま胃腸内科外科で行われている診療・検査を紹介

子どもから高齢者まで幅広い年齢層の患者さんが訪れる、あおやま胃腸内科外科。消化器疾患だけにとどまらず、多様な病気と予防と向き合い、患者さんの不安と悩みに応えてくれます。こちらでは、あおやま胃腸内科外科で行われている診療や検査の種類についてご紹介します。

大腸内視鏡検査

あおやま胃腸内科外科の年間内視鏡件数は1500件。医療従事者も多く検査に訪れる、信頼のおける医院です。日本消化器内視鏡学会専門医である院長自身が中心となり、消化器内視鏡技師の資格を持つ二名の看護師とともに検査や手術を行っています。

あおやま胃腸内科外科の大腸内視鏡は、痛みの少ない挿入法が取り入れられています。空気より吸収の早い炭酸ガスを使用することで腹部の張りも軽減。希望に応じて眠った状態での内視鏡検査も可能です。

大腸ポリープ切除

あおやま胃腸科内科外科では拡大内視鏡などの最新技術を取り入れているため、内視鏡検査時にポリープなどの病変が発見された場合には、状況を確認の上で切除などの適切な処置が行われます。

ポリープ切除は最初が肝心。初回に確実な診断と切除手術を行っていないと、追加の外科手術が必要になることもあるのです。確かな腕を持つ医師と的確な診断、確実な手術が望める病院をおすすめします。

あおやま胃腸内科外科では、早期大腸がんをはじめとした、初期段階での発見が困難な病変も多数処置した実績があるので安心して任せることができるでしょう。大腸ポリープ切除は日帰りで受けることも可能です。

肛門疾患診療

肛門に関する病気は、「痔核(いぼ痔)」「裂肛(きれ痔)」「痔瘻(あな痔)」などが知られています。病気の種類によって症状は様々。肛門部分の痛み、腫れ、出っ張り、痒み、出血、などが代表的な症状です。

あおやま胃腸内科外科では、「外痔核切除術」「切除排膿術」「裂肛開放術」「Seron法」「皮垂切除術」「肛門ポリープ切除術」「コンジローマ切除術」など、多数の術式の中から疾患や病状によって最適な方法が選択されます。いずれも日帰りで行える手術ですので気軽に相談してみると良いでしょう。

胃カメラ

「胃カメラは痛くて怖い」という印象が強い方には、内視鏡検査中の苦痛を軽減するために眠った状態での検査が提案されます。高齢者や心疾患などストレスに強くない患者さんも安心ですね。

しっかりとした安全対策と、15年以上のキャリアを持つ院長をはじめとするプロのスタッフたちのおかげで、開院以来、入眠剤でのトラブル件数はゼロ。高精細の内視鏡で発見が困難な数ミリ単位の早期胃がんも発見可能です。

ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌治療

60歳以上の人の7割近くが感染していると言われるピロリ菌。感染すると、胃の粘膜をはじめ人体に悪影響を及ぼすタンパクや毒素を作り出して胃粘膜細胞に悪影響を与えます。胃炎をはじめ、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどを引き起こすことで知られており、胃の中にピロリ菌が確認されたら早めに薬剤での除菌を行うのが一般的です。

あおやま胃腸内科外科のピロリ菌除菌成功率は、一次除菌89.5%、二次除菌100%です。2009年から2017年12月までの間で1246人もの患者さんが除菌治療を受けています。なお、症状がなく胃カメラ検査に抵抗があるという方は、採血にてピロリ菌の抗体検査を行う事も可能です。

各種超音波検査をはじめとする多様な高精度検査機器

あおやま胃腸内科外科の最新上位機器は、「腹部超音波」「乳腺超音波」「甲状腺超音波」「頸動脈超音波」などです。2015年に導入された超音波診断装置により、乳腺や腹部疾患の診断率は格段に向上。乳腺超音波検査に関しては、診察で緊急性を要すると判断された場合、時間外での検査も行ってくれます。

そのほか、血管の硬さを調べる動脈硬化の検査機器「血圧脈波検査装置」や、前腕を15秒スキャンするだけで測定できる「骨密度測定装置」、インフルエンザとマイコプラズマの早期診断を行う「高感度インフルエンザ・マイコプラズマ迅速検査」、正確な診断が可能な尿検査「シーメンス尿検査機」など、じつに多様な高精度検査機器が取り揃えられています。

所在地と診察時間

診療時間 午前9:00~12:00
午後16:00~19:00
休診日 水曜・土曜・日曜・祝日(大腸内視鏡検査の場合)
アクセス バス停「諸ノ木口」より徒歩1分
住所 名古屋市緑区鳴海町大清水69-11
3つの項目で比較!腕が良いのはどこ?名古屋で大腸内視鏡検査を行う病院比較 3つの項目で比較!腕が良いのはどこ?名古屋で大腸内視鏡検査を行う病院比較