名古屋市周辺で大腸内視鏡検査の名医に出会うために

名古屋周辺で評判の大腸内視鏡検査・徹底比較

名古屋市周辺で大腸内視鏡検査の名医に出会うために

名古屋周辺で評判の大腸内視鏡検査ランキング » 大腸内視鏡検査が受けられる名古屋周辺の医療施設 » 名古屋第二赤十字病院

名古屋第二赤十字病院

大腸内視鏡検査が受けられる名古屋第二赤十字病院は、名古屋市昭和区妙見町にある地域の中核病院です。

先進の医療技術と医療機器を揃え、救命救急センターや災害拠点病院の指定なども受ける高度医療施設となっています。各種内科・外科・小児科・産婦人科・耳鼻咽喉科・眼科・皮膚科・放射線科・麻酔部などを持っています。


名古屋で大腸内視鏡検査を受けるなら?

腕のいい医師がいる病院まとめ

名古屋第二赤十字病院の概要

名古屋第二赤十字病院
画像引用元:名古屋第二赤十字病院公式HP
https://www.nagoya2.jrc.or.jp/

大腸内視鏡検査を手掛ける消化器内科には非常勤医師まで含めて医師15名が所属し、内視鏡治療に力点を置いた治療をおこなっています。

最新の検査実績は2011年度で3,265件です。大腸ポリープで入院した患者さんは2015年度で707名、入院患者全体の22.8%にあたります。

また、消化管の進行がんに対しては、消化器外科による手術・化学療法・放射線治療など、状態に合わせた治療が受けられます。特に消化器外科には、大腸がんの名医と呼ばれる医師も所属しており、積極的に院内での内視鏡外科技能の向上を図っているようです。

さらに、近隣5区を中心に1,300名を超える登録医と連携しており、登録医によるかかりつけ医からの紹介であれば、選定療養の費用5,400を負担することなく診察が受けられます。地域医療支援病院となっているため、条件が揃えば、かかりつけ医と一緒に名古屋第二赤十字病院で診てもらうことも可能です。

ホームページでは、病院紹介や医療関係者向けの資料が掲載されています。大腸内視鏡検査についての解説などは特にありませんが、病院についての情報は詳細に記述されています。

病院機能評価及び救急医療機能認定の取得

公益財団法人日本医療機能評価機構において、5年間有効の病院機能評価と救急医療機能認定を取得しています。一定水準を満たす病院として、認定証も交付されました。認定証は医療の質や安全性の向上、透明性などさまざまな角度から総合的に判断され、評価を受けた病院にしか交付されません。

携帯電話への待ち時間案内サービス

携帯電話やスマホで、診察の呼び出し状況を確認することができます(眼科を除く)。外来の診察予定をQRコードで読み込んで呼び出し番号を入力すると、現時点の進行具合が表示されます。何番まで診察が進んでいるのか。自分の順番まであと何人か。待合室の椅子に座って時間を持て余すことなく、カフェや売店へ行くことも可能。一度車へ帰っても構いません。

順番の確認を忘れてしまいそう。時間が気になる。その心配がある人は、診察の順番が近づいたときにメールで知らせてくれる機能もあります。スマホ向けには、院内のレストランや施設情報も紹介されています。

患者満足度調査は5段階評価で4.49

外来評価では、93.5%の患者さんが満足感を得ています。受付の対応や医師の説明、看護師の話しやすさや事務職員の身だしなみ、検査や会計時の対応、待ち時間や環境についてなど、1,532件の調査用紙配布で94.6%回収されました。名古屋第二赤十字病院を選んだ理由としては17.8%の患者さんが、他の医療機関からの紹介と回答しています。

入院患者さんの回答としても、92.5%が高評価しています。薬剤師や看護助手、食事やスタッフステーションの対応等さまざまな項目で判断され、調査結果も公式ページに公表されています。

一般向けに開催される講演会

名古屋第二赤十字病院では、リンパケアへ参加できるセミナーや健康教室など、一般向けにいろいろなイベントが催されています。受診されている患者さん限定、事前申し込み必須の条件もありますが、無料で参加することができます。定期的に開かれるがん患者サロンは、患者さんとその家族を対象とし、患者さん同士の交流や情報交換として利用されています。

充実した院内施設

インフォメーションの他に6つの施設があり、待ち時間の調整や休憩に使うことも可能。介護用品やコンビニ機能を備えたお店、カフェやレストラン、コーヒーショップやヘアサロンなど、清潔感のある施設が整えられています。銀行ATMにも対応していて、長時間院内で過ごすことになったとしても心配ありません。

相談窓口サービス

平日8:30~16:00に患者さんからの相談に対応しています。病気になって影響を受ける医療費や生活費、仕事を続けられなくなることへの不安や在宅療養について、医療ソーシャルワーカーが一緒に解決方法を考えてくれます。相談は無料。社会保障や福祉サービスは複雑でわかりにくい制度もあるため、医療福祉相談室として案内されています。

名古屋第二赤十字病院での検査方法について

詳細な検査情報は掲載されていませんが、治療実績として2016年度の場合は大腸内視鏡検査3,294人となっています。

名古屋第二赤十字病院の名医!中沢先生

中沢貴宏先生は第一消化器科内科の部長をされており、日本内科学会認定医、専門医、指導医の資格を持っています。他にも日本消化器病学会や日本消化器内視鏡学会、日本消化管学会の専門医・指導医・評議員などの資格があり、消化器疾患全般において幅広く対応されています。

また、第二消化器科内科部長の林克己先生。内視鏡センター長の山田智則先生と供に、患者さんの状態に合わせた副作用の少ない治療を心がけています。

名古屋第二赤十字病院の口コミ

所在地と診察時間

診療時間 8:45~11:30
休診日 土曜・日曜・祝日・年末・日本赤十字社創立記念日(5月1日)
アクセス 乗用車:名古屋高速「四谷出口」
電車:地下鉄名城線「八事日赤」駅より徒歩1分
住所 名古屋市昭和区妙見町2-9
3つの項目で比較!腕が良いのはどこ?名古屋で大腸内視鏡検査を行う病院比較 3つの項目で比較!腕が良いのはどこ?名古屋で大腸内視鏡検査を行う病院比較