名古屋市周辺で大腸内視鏡検査の名医に出会うために

名古屋周辺で評判の大腸内視鏡検査ランキング

名古屋市周辺で大腸内視鏡検査の名医に出会うために

名古屋周辺で評判の大腸内視鏡検査ランキング » 大腸内視鏡検査にかんする基礎講座 » 大腸内視鏡検査とは

大腸内視鏡検査とは

大腸内視鏡検査は、肛門より内視鏡を挿入して、大腸から直腸、盲腸までをカメラを通して視認しながら、ポリープや大腸がんを診断する検査方法です。

昨今の日本では、大腸がんが胃がんを追い抜いて、がん発生率第2位になったという統計データもあり、大腸がんを高確率で発見することができる大腸内視鏡検査が強く推奨されるようになりました。

ポリープやがんを早期治療

使用される内視鏡は直径が1cmほどで、座薬などと大きさの差はありません。また、大腸や直腸には痛みを感じる末梢神経が存在しないため、痛みや刺激はほとんど感じません。ポリープやがんを切除した瞬間すら、よほどのサイズでなければ痛みを感じ取ることはないと言われています。

ただし、検査のためには内視鏡を盲腸まで到達させる必要があり、挿入のために腸を大きく動かすことから、医師のテクニックが大きく影響します。つまり、担当医の腕次第で、苦痛の有無が左右されるというわけです。

検査までの流れ

内視鏡を入れるために、大腸内視鏡検査前には腸をきれいにしておく必要があります。

前日

検査前日の食事少なくとも前日の食事からは、大腸に残りやすい食物繊維が含まれている野菜や果物のほか、海草類やきのこ類、コンニャクなどは食べないようにします。

食事ができるのは前日20時までで、消化に良いおかゆ、うどん、食パンなどで済ませます。その際はノリなど消化の悪い具材ははずし、できる限り素の状態とします。他には、たまご、山芋、ささみ、食物繊維の含まれない野菜ジュースなどもOKです。

当日の準備

当日は朝から食事や飲み物に制限があります。

普段飲んでいる薬があれば、事前に医師に相談しましょう。当日の朝に下剤を飲むよう指示されている場合は、忘れずに服用します。

クリニックでは、検査着に着替えますので、着替えやすい服装のほうが楽です。

鎮静剤を使用する可能性があれば公共交通機関を利用し、車の運転は避けたほうがよいでしょう。

処置室

クリニックに到着後は、検査しやすいように洗腸剤の服用が必要です。

クリニックによって量が違いますが、だいたい1Lから2Lの洗腸剤を1時間程度の時間をかけ、数回に分けて飲みます。

トイレに何度か行って、便が透明な水のようになったら準備完了です。それから、検査着に着替え、検査開始までリラックスして待ちましょう。

検査室

検査室では、検査台に横になり体を楽にします。このとき、希望により痛み止めや鎮静剤が処方されることがあります。

鎮静剤を服用すると適度な眠気がありますので、落ち着いて検査を受けることが可能です。

腸の動きが活発な場合は、動きを抑制する薬を投与されることもあります。

検査中

検査は横向きになっておこなわれます。肛門からカメラが挿入され、検査開始です。

途中でカメラが進みやすいように炭酸ガスが使われることもあります。内視鏡カメラが盲腸まで達したら、今度は少しずつ引きながら大腸の内部を検査していきます。この時、ポリープが見つかれば、その場で切除してもらうことも可能です。

その場合は、全体の検査時間が少し長くなります。クリニックにもよりますが、検査時間は概ね20分から30分程度。ポリープ切除の場合は、1時間近くかかります。

検査後

鎮静剤を投与された場合は、意識がはっきりするまで院内で安静にする必要があります。

この時、何か体調に変化があれば、すぐに医師に知らせましょう。検査室から出て服を着替えたら、医師から検査結果の説明があります。

カメラで撮影された大腸内の映像を見ながら、説明を聞くことができます。検査後の食事はだいたい2時間後から可能です。

検査後は車の運転や激しい運動は避け、ゆっくりと過ごすようにしましょう。

絶食の負担・下剤の量が少なくて済むクリニックもある!

名古屋市内に「前日の夜20時までに食事すればOK(午後検診の場合)」「下剤は来院時に1L(通常の半分・1回のみ)飲めばOK」の病院もあります。検査前の負担が軽いに越したことはありませんので、「お腹がすいて眠れない」「前日・当日に下剤を1.5~2Lも飲むのはしんどい…。」という方には嬉しいですね。

3つの項目で比較!腕が良いのはどこ?名古屋で大腸内視鏡検査を行う病院比較 3つの項目で比較!腕が良いのはどこ?名古屋で大腸内視鏡検査を行う病院比較