HOME » 大腸内視鏡検査でわかる病気 » 大腸憩室・直腸炎など

大腸憩室・直腸炎など

大腸内視鏡検査でみつけられる病気のうち、大腸憩室やクローン病と直腸炎などの炎症性によるものをピックアップ。これらの原因と一般的な治療方法をまとめました。

クローン病

大腸のみならず、消化管に炎症を生じる疾患で、現在まで原因の解明に至っていない難病の1つです。

小腸や大腸から肛門にかけて発症しやすく、小さな肉芽腫と呼ばれる炎症反応を形成します。腹痛・下痢といった自覚症状があり、体重減少・発熱などを伴うことが多いと言われています。

治療方法は、重度の場合は外科療法が取られますが、主に食事療法と薬物療法となります。薬物療法では、潰瘍性大腸炎と同様の薬物を服用するのが一般的ですが、根本的な完治が難しい疾病のため、比較的に長期間の治療が必要となります。

大腸憩室

大腸の粘膜層が、ポケット状に外側へふくらんでしまったものを大腸憩室と呼び、炎症を起こすと、腹痛や発熱を引き起こす、大腸憩室炎となります。

主な原因は、食物繊維の不足により、大腸内の圧力が高まってしまったり、便秘のために力むことで内圧が上昇するためです。男女問わず40歳代から患者が増え、10人に1人は発症していると言われています。

しかし、大腸憩室ができただけでは危険性は極めて低く、無症状であれば治療の必要は無いと考えられています。炎症などを起こした場合は、食事療法や抗生剤による薬物療法が一般的となっています。

直腸炎

大腸のうち、肛門に近い直腸にできる炎症を総称して、直腸炎と呼びます。

一般的には潰瘍性大腸炎が原因となるケースが多く、潰瘍性大腸炎の1つとして判断をする医師もいます。他にはクローン病、赤痢、アメーバ性などの感染症によるものや、性病、器具による外傷性などが挙げられます。

症状は下痢・血便・体重減少・食欲不振などで、軽度であれば特に治療をおこなわないケースもあります。治療法は炎症の原因に合わせて選択され、抗炎症薬・止痢薬・栄養剤などとなっています。

↓名古屋の病院を比較したランキングはこちら↓

腕の良い医師による検査が受けられる名古屋の医療施設を比較!