名古屋市周辺で大腸内視鏡検査に対応している医療施設に出会うために

大腸内視鏡検査は基本的に前日から食事制限があり、検査当日も準備や問診等を含めると半日以上かかるため、大腸内視鏡検査専用の枠(曜日・時間帯)を設け、要予約制としているところがほとんどです。当サイトでは、有休を取らずとも大腸内視鏡検査を受けられるよう、平日はもちろん土曜日も大腸内視鏡検査を実施している医療機関を紹介しています。

名古屋周辺で評判の大腸内視鏡検査ランキング » 大腸内視鏡検査が受けられる名古屋周辺の医療施設 » 中切パークサイドクリニック

公開日: |更新日:

中切パークサイドクリニック

「大腸内視鏡検査」と聞くと、多くの人が痛い、苦しいといったイメージを抱くでしょう。しかし、中切パークサイドクリニックでは先端の細い経鼻内視鏡を使用することで、極力患者さんの苦痛を抑えた大腸内視鏡検査を行っています。

名古屋で大腸内視鏡検査を受けるなら
おすすめの病院・クリニック4選をチェック

中切パークサイドクリニックの概要

中切パークサイドクリニック
画像引用元:中切パークサイドクリニック公式HP
https://nakagiri-psc.com/

中切パークサイドクリニックは、内科・消化器内科・眼科・皮膚科・美容皮膚科といった幅広い診療科目に対応しているクリニックです。大腸内視鏡検査を行っている消化器内科では、特に50歳以上で内視鏡検査を受けていない人に積極的に内視鏡検査を呼びかけています。

中切パークサイドクリニックでの内視鏡検査は鼻から内視鏡を挿入する経鼻での検査を行っていますが、経口でも可能です。また、先端の細い経鼻内視鏡を使用することで、できる限り苦痛を抑えられるよう検査を行っています。

超音波検査やCT検査も可能

中切パークサイドクリニックでは、内視鏡検査による消化管検査だけではなく、超音波検査やCT検査にも対応しています。これによって、肝臓や胆のう、膵臓などの疾患を早期発見することも可能となります。「多少胃腸の調子が悪い」程度の段階でも検査を受けておくといいでしょう。

苦痛の少ない内視鏡検査が可能

内視鏡検査には「痛い、苦しい」といったイメージがつきもの。しかし、中切パークサイドクリニックでは細い経鼻タイプの内視鏡を使用しているので、従来の内視鏡に比べて大幅に苦痛の少ない検査が可能です。経鼻が難しい場合は経口でも検査ができます。それでも苦痛が心配な場合は、鎮静剤を用いることもできるので不安な方は申し出ましょう。

中切パークサイドクリニックの検査方法について

先端の細い経鼻内視鏡を使用した検査を行っています。これによって、従来の内視鏡検査のような嘔吐反射が起こりにくくなっています。また、鎮静剤の使用や経口での内視鏡挿入も可能なので、極力苦痛を抑えた検査が可能です。

中切パークサイドクリニックの医師! 山東元樹先生

中切パークサイドクリニックの院長を務める山東元樹先生は、平成9年に中切パークサイドクリニックを開業した鈴木寛路医師から令和3年4月より院長を引き継ぎました。日本消化器内視鏡学会・大腸内視鏡スクリーニング認定医や日本消化器内視鏡学会・上部消化管内視鏡スクリーニング認定医の資格を持つ医師です。

中切パークサイドクリニックの口コミ

所在地と診察時間

診療時間 【内科・消化器内科・眼科】9:00~12:00、15:30~18:00
休診日 木曜・土曜午後、第4土曜、日曜
アクセス 公式サイトに記載なし
住所 名古屋市北区中切町2-10
電話番号 052-914-2008


名古屋で大腸内視鏡検査を受けるなら?

大腸内視鏡検査の
病院・クリニック