名古屋市周辺で大腸内視鏡検査の名医に出会うために

名古屋周辺で評判の大腸内視鏡検査・徹底比較

名古屋市周辺で大腸内視鏡検査の名医に出会うために

名古屋周辺で評判の大腸内視鏡検査ランキング » 大腸内視鏡検査が受けられる名古屋周辺の医療施設 » 加藤内科胃腸科

公開日: |最終更新日時:

加藤内科胃腸科

加藤内科胃腸科

大腸内視鏡検査が受けられる加藤内科胃腸科は、名古屋市名東区一社にある内科、胃腸科、小児科の診療をおこなっている医療施設です。

大腸内視鏡検査の他、がん検診や予防接種などもおこなっています。専門の治療が必要な場合は、連携している病院に紹介してもらえます。

加藤内科胃腸科の概要

加藤内科胃腸科は、地域に根差した「かかりつけ医」として胃腸科を中心に診療をおこなっています。

2001年に開業して以来、胃腸に限らず高血圧や糖尿病など、さまざまな診察や治療に携わってきました。患者さん一人ひとりに合った診察・治療を心がけているそうです。丁寧に説明してくれるため、安心して検査や診察が受けられます。

院内は清潔感のある快適な空間で、先生はじめスタッフも親切だと評判です。

加藤内科胃腸科の大腸内視鏡検査では、検査前に約2Lの腸管洗浄液を飲みます。

これにより腸の中がきれいに洗い流され、しっかりと検査がおこなえるようになるのです。痛みの少ない挿入法で検査が始まります。通常は鎮静剤なしでおこなわれますが、希望があれば処方してくれるようです。

検査時間は30分程度ですが、腸の状態によってはそれ以上時間がかかることもあります。大腸内視鏡検査の実績は不明ですが、経験豊富な院長先生が担当しますので安心です。

加藤内科胃腸科で行われている診療・検査

日帰りで大腸ポリープ切除ができる

加藤内科胃腸科では胃カメラ検査、大腸カメラ検査などを行っており、大腸カメラ検査の結果ポリープが見つかった場合には、その日のうちに切除をしてもらえます。また、その他レントゲンや超音波検査、循環器検査などさまざまな検査ができるので、体に気になるところがあれば、足を運んでチェックしてもらうことをおすすめします。

検査の流れ

検査の際は、大腸内の便を全て出し切る必要があります。検査前日には専用の検査食を食べ、夜には下剤を服用して便を出し切ります。検査当日は自宅で洗腸液1800mlを2時間ほどかけて飲み、排便終了後、お昼12時ごろに病院へ行きます。その後、病院で状態を確認した後、実際の検査を行っていきます。大腸内視鏡検査では直接内視鏡(カメラ)を肛門から挿入し、大腸全体を観察すると共に、必要に応じて組織を採取して診断します。ポリープが発見された場合には、同時に切除することもできます。また、早期の大腸がんなども発見でき、開腹手術をせずとも大腸内視鏡による切除で治癒する例もあります。検査時間は、大腸の観察のみであれば15分~20分ぐらい、ポリープ切除を行う場合でも30分程度で終了します。検査の際は静脈麻酔を使用するため、痛みはほとんどありません。検査終了後は1〜2時間ほどの休憩の後、医師の診断を受けて帰宅します。

大腸注腸検査について

大腸注腸検査は、細かい病変(かなり小さなポリープなど)や病変の位置、大きさなどを確認できる検査です。もしこの検査で異常所見が見つかった場合、大腸内視鏡検査を行うという流れになります。
大腸注腸検査は、胃のレントゲン検査と同じく、バリウムを使用する検査です。注腸専用バリウム(約250cc)を肛門から注入し、空気を入れて大腸全体を膨らませ、体を何度か回転しながらバリウムを大腸全体の壁に付着させてから直腸・S状結腸・下行結腸・横行結腸・上行結腸・盲腸と、大腸全体の撮影をします。検査自体は20分程度で終了します。


名古屋で大腸内視鏡検査を受けるなら?

腕のいい医師がいる病院まとめ

加藤内科胃腸科の口コミ

所在地と診察時間

診療時間 月・火・水・木・金:午前9:00~12:00、午後16:00~19:00
土曜:午前のみ9:00~12:00
休診日 土曜午後・日曜・祝日
アクセス 地下鉄東山線「一社駅」2番出口より徒歩2分
住所 名古屋市名東区一社2-5 THE QOL2F
3つの項目で比較!腕が良いのはどこ?名古屋で大腸内視鏡検査を行う病院比較 3つの項目で比較!腕が良いのはどこ?名古屋で大腸内視鏡検査を行う病院比較