HOME » 大腸内視鏡検査にかんする基礎講座

大腸内視鏡検査にかんする基礎講座

日本人の大腸がん増加と、技術の進歩により、大腸内視鏡検査は広く普及を遂げました。

身近になった検査方法

かつての大腸内視鏡検査といえば、「苦しい・痛い・大変」といった体験談が語られてきましたが、現在の熟練した医師による大腸内視鏡検査は、少しくすぐったいと感じる程度まで向上しています。

腸内洗浄剤を飲むつらさはあるものの、より苦労をするバリウム検査や、大がかりなCT検査に比べると、とても身近となった検査であると言えます。

大腸内視鏡検査のすごさ

何よりも、大腸内視鏡検査が優れるのは、ポリープや炎症といった症状の発見率です。

ポリープなら2~3mmの物から発見が可能で、健康に害を及ぼす可能性のあるものは100%に近い確率で処置可能となっています。それでいて保険適用のため数千円から受診可能ですから、非常に優れた検査手法です。

しかし、医師の技術が大きく影響をするため、残念ながらどこでも同じ結果が得られるわけではありません。大腸内視鏡検査の熟練には5年かかると言われており、実績数がそのまま腕前に繋がっている状態にあります。

大腸内視鏡検査で苦痛なく受けるには、医師の技術力が決め手となります。しっかり下調べをすることで、無用な苦痛や大変な思いをすることなく、大腸内視鏡検査を受けることができます。当サイトの、下準備や医師の選び方が参考となれば幸いです。

↓名古屋の病院を比較したランキングはこちらをどうぞ↓

腕の良い医師による検査が受けられる名古屋の医療施設を比較!